Kaelu St

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- : スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)

久しぶりに皆でマリオカート

この前にSkypeの皆と久しぶりにマリオカートしました。

この頃やってなくてそろそろ暇だったので、いいストレス発散になりました。

ありがとうございます。ぼかぁとっても嬉しいよ



はれのちさんが初?の通話参加(聞き専)と言う事で、

皆さんも喜んでいました!何について喜んでいたのかは知りません。知りません。


最初は

「君達の会話 たまにってか殆ど変な方向いってるから変になるわww」

と言っていたはれのちさんも、

皆が決死のお誘いをしてみたところ、ようやく承諾してくれました。






それでレース内容ですが

やっぱりこのひと強い。強すぎます。

どれだけ強いかって言うと

スピード補正なしのディディーで安定して1位を取り続けたり

とにかく早い。デイジー使ってるのに下から3番目以内の俺とは大違いですね。





色々書きたい事は沢山あるのですが、

だいぶ前の事なので、何があったかほとんど忘れちゃったんですねー。


(本当はマリオカートやった次の日にこの記事書きかけてたんだけど、

急遽用事ができてそれ以来そのまま放置に・・。そして今に至る)




それ故、記事の投稿日が 2011 / 7 / 25 になってますね。

ハリーポッター死の秘宝 PART2 が公開された日ですね。

実際は 2011 / 8 / 3 (今日)に書いてます。

つまりこの記事は、8月3日に書いた記事になります。

ややこしい上に、どうでも良いことですが、そういうことなんです。ですます


早くハリーポッター見に行きたい。




覚えてる事といえば

てりぽーが変声を出して皆を笑わせてた事でしょうか。

こんな感じ



通話が始まってから




てりぽー「カエルク~ン オイスゥ~? (裏返る寸前の重々しく高い声)」


俺「すごく・・・気持ち悪いです・・・」


てりぽー「ソンナコト イワナイデヨ~ ボクタチ ナカマジャナイカ~」


俺「そうですね」


黒豚「そうですね ワロタwww」


俺「ネエネエ ミンナデ マリオカート シヨウヨ~」 ←伝染った


皆「お前もか」



この後、皆さんもてりぽボイスによって伝染していきました。

めでたし、めでたし







それとレックス。あいつ鬼畜すぎる


モンテタウンでゴール寸前の曲がり角で

ゴールと反対側の壁で待ち伏せ。

そして俺が通りかかった瞬間にトリプル赤コウラをタイミングよく三つ投げる。



俺「う、うわあああ!!」


レックス「カエルウウウゥゥゥゥ~~~!!(半笑い)」

俺「うおおお!!レックスウウウゥゥゥゥ~~~!!(真顔)」



どこぞの兄弟対決みたいですね。

(マリオカートで、レース中にレックスと対峙した時はいっつもこのノリ。)



俺が赤コウラを喰らう



立ち直る。



俺が立ち直った頃に、レックスがまた赤コウラを投げる。



俺が赤コウラを喰らう


├──→ その間に皆がゴールしていく。



これの繰り返し。マジキチ





俺が赤コウラに苦しんでいる横を気持ち良さそうに走っていくレックス。


お陰で、せっかくの思いで取った5位が、更に下の方に(^o^)



言っておくけど、俺達がこうしてる間にもお互いの順位は下がる一方なんだぞ!?

順位を犠牲にしてまで俺に赤い亀をぶつけるとは・・・。すごい執念だ。賞賛に値する。





これはだいぶ前の話になるのですが、

デイジーサーキットで皆でレースしてる時、何者かが俺に

6連続で赤コウラをぶつけてきたんですよ。

赤コウラ バイ・シックス! やかましいわ


私はあの惨劇を忘れる事は無いでしょう。スタート直後、まだ大勢が固まっていて

混戦状態になっており、俺がその後ろで最下位を気持ち良く走っていたところを

突然何者かが待ち伏せ。警戒するもアイテムボックスを取り逃し、対応しようがない俺。


あろうことか、そいつがいきなり赤コウラをなんと6つも飛ばしてきたのだ!




俺が赤コウラを喰らう



立ち直る。



俺が立ち直った頃に、犯人がまた赤コウラを投げる。



俺が赤コウラを喰らう


├──→ その間に皆が去っていく。そして誰もいなくなった。



これの繰り返し。ガチキチ





俺「アイタタタッ おい!誰だよ俺に赤コウラ6つ投げたやつ!(笑いながら。というか笑うしか無い)」

あの時は本当に焦っていたので、アイタタタッ しか口に出しませんでしたが

アイタタタッ どころの騒ぎじゃないです。



その時に、てりぽーが小声で「それ俺だわ~」って言ったような気がしましたが

レックスと言う事にしておきます。絶対に許さない。





しかし・・・

俺が一体何をしたって言うんだ!?

レックスの腕が写った画像を「この腕、チキン南蛮みたい。美味しそう」

と言ったのがいけなかったのか!?



そしてその画像をネタ画像フォルダに入れたのもいけなかったのか!?



本当にケン○ッキーフライド○キンを彷彿とさせる、いい腕でした。

いつか食べたい。うそです。








それと、策が無い曲がり道でPOWブロック放つのやめてください死んでしまいます。

あのタイミングでされると、POWブロックの衝撃をキャンセルしても結局落ちると言うね。

対策 デキナイヨー チクショー





あの日に何があったか忘れたと思ってたけど、結構覚えてました。



また皆でマリオカートやりましょう、そうしましょう。

いやぁー楽しかった楽しかった~

またよろしくお願いしますね!





↓コメント返信
 ...続きを読む
スポンサーサイト
01:25 : 普通の話:  トラックバック(-)  コメント(6)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。